まいかぁの部屋

MOVE CUSTOM RS HYPER SA3 4WD外観外装インパネと内装シートと荷室試乗

 ここでは2018年05月に購入した LA150/160S の後期型、 MOVE CUSTOM RS HYPER SA3 4WD を紹介しています。

外装

MOVE CUSTOM RS HYPER SA3 4WD: 2018/07/16

ヘッドライト ヘッドランプは前期型のプロジェクター型 LED ヘッドランプから多灯薄型 LED ヘッドランプへ変更されています。 LED ヘッドランプは以前乗っていた LA100 系後期カスタムで軽ガソリン車初採用!という鳴り物入りで、デザイン的には伝統の丸目4灯に内部をブラックアウトしたりミラー状の飾りをつけたりダイハツさんとは思えないほどの凝りっぷりで、形状もメルセデスやレクサスぽい雰囲気で個人的にもお気に入りでした。ただ、実用的には元々拡散しない LED の光線をさらにプロジェクターで絞る使い方で、高輝度な白い光のため暗所とのコントラストがはっきりし過ぎてしまい照射エリア以外が全く見えなくなります。そのため、夜間はあまり積極的には乗ろうという気にはなれませんでした。今回ヘッドランプの形状を変更したのは、そうした意味もあるのかもしれませんね。照射範囲が広く、周囲の反射もそれなり再現されておりますから、多少なりとも LED の悪癖を打ち消しているように思います。明るさとしては点光源のプロジェクター式に比べてやや暗くはなっているかとは思いますけれども、実用的には全く問題なし。ただ、多灯式であるが故、照射範囲の明るさに少々むらができるのはちょっと気になります(笑)また、多灯式に分散して点光源の輝度が下がりましたから、レベル調整がオートからマニュアルになっています。あまりあてにならないオートレベル調整よりマニュアルで調整したほうがストレスから解放されて良いかな。ちなみに SA でステレオカメラを搭載したことによりオートハイビームも搭載されています。市街地で使う機会は少ないかと思いますが、車の少ない田舎の県道では重宝しそうですね(笑)

フォグランプ周り この型で採用した彫りの深いフェンダーラインを後期型ではフロントバンパーサイドまで延長して LED のイルミネーションランプとフォグランプを収めるベゼル部分に繋いでいます。ここいらへんはスバルさんの影響でしょうか、いわゆるガンダムフェイスってやつですかね(笑)ただ、オーバーハングの短い軽自動車なので仕方ないのかもしれませんが、フォグランプのガーニッシュが枠から少々はみ出しているのがなんとなくアレげな感じです。普通は車体内側にくぼませますよねぇ(笑)ちなみに、イルミネーションランプはハイパー専用の装備で、個人的にはエレクトリカルパレードをするわけでもないので特に必要性を感じませんけれども、一応その他のカスタムでもディーラーオプションでブルー LED のものを装着することはできるようです。
 ちなみにフォグランプも LED 化されており、降雪時に雪が張り付いてしまわないか少々心配ではあります。最近では前照灯の照射範囲が狭くなって車体の手前が少々おろそかになっていますから、その部分を補完する意味合いのほうが強くなっているのかもしれません。

タイヤ 標準装着のタイヤは相変わらずいろいろな銘柄を採用しているようなんですけれども、今回も装着されていたのはブリヂストンの ECOPIA EP150 で、 RS の場合は 15 インチになります。そのほかのグレードはすべて 14 インチになっております。この EP150 なんですけれども、標準装着タイヤとしてかなり普及しておりますけれども、燃費性能は大変よろしいのですが、少々ロードノイズが大きいのが気になりますねぇ。どうしても静粛性を追求したい方は即座にレグノへでも交換したほうが幸せになれるかと思います。
 まあ、個人的には操縦性よりも静粛性をとりたいので、15インチよりも14インチにしたいところなんですけれども、標準装着でついてきてしまうので仕方ありません。ちなみにタイヤサイズは 165/55R15 となっております。また、 15 インチタイヤは少々お値段がお高くなりますから、何年か乗ってみて、次にタイヤを買い替えるときにはコスパを考慮して選択したいと思います。ただ、今回一緒に購入したスタッドレスタイヤについては最初から 14 インチ (155/65R14) にしておきました。
 そして、ホイールデザインは前期型のマンホールのふたみたいなものから風車のような形状に変更されています。最近の標準装着のアルミホイールときたら、黒塗りだったり凝ったフィン形状だったり実際のサイズより大きく見えるデザインだったりといろいろ変わりましたね。まあ、ホイールのデザインにそれほどのこだわりはありませんので、これはこれでいいかなっと(笑)

オート格納式ヒーテッドドアミラー ドアミラーは 4WD 車の場合ウィンカーの付いたオート格納式ヒーテッドドアミラーになります。
 後期型へのマイナーチェンジンの際に少々形状が変更されているようです。風切り音の低減を理由として変更したからか少々縦方向が狭くなっているような気がしますねぇ。以前ですとリアのフェンダーあたりまでは見えたかと思いますけれども、ちょっと見づらくなりましたから、駐車のときにまっすぐ停まれているかちょっと不安感があります。まあ、バックカメラが標準装備されておりますので慣れれば問題ないかな。

その他の写真
フォグランプ
フォグランプ
ドアハンドル
ドアハンドル
リアリフレクターガーニッシュ(OP)
リアリフレクター
ガーニッシュ(OP)

 次はインパネと内装です。


戻るトップ次へ


Homeムーヴ CUSTOM RS HYPER SAIIIムーヴ CUSTOM X SAムーヴ VSパイザー CXアトレークルーズ
SEAWorks Network!

Copyright © SEAWorks Network! from City Kashiwazaki Niigata Japan.