まいかぁの部屋

MOVE VS 4WD外観外装インパネと内装シートと荷室試乗

 ここでは2005年9月29日から全国一斉発売となったムーヴの10周年特別仕様車ム−ヴVSについてご紹介しています。納車・撮影時期が冬季だったためタイヤがスタッドレス+13インチ鉄っちんホイールの写真がほとんどですがご容赦くださいませ。

インパネと内装

MOVE VS 4WD: 2006/03/05

ムーヴのインパネ 写真が逆光で暗くてすみません。標準系のムーヴには通常ツートンカラーが採用されていますが、VSのインパネデザインはカスタム系と共通で黒一色になります。ややくすんだ渋みのあるシルバー塗装のメータークラスターが目をひきますね。内装色も黒を基調とした配色になって全体的にカスタム準拠のものとなっています。なめらかなラウンドフォルムが特徴的なメータークラスターは、普通車に採用されるようなデザインでとても上質な感じを受けます。写真のインパネにはオプションのブラックウッド調パネルをセットして、ここでも”なんちゃって高級車”を演出しています。この横一直線のウッド調パネルが似合うあたりがムーヴのインパネデザインのよさですね。一見すると、とても軽自動車には見えません。オーディオはVSの特別装備となるインテグレーテッドCD/MDステレオ+4スピーカーです。オーディオのフロントパネルがインパネと一体化されていてすっきりしていますね。あと、最近はめっきり貴重になった灰皿とシガーライターが小さめながらしっかりと装備されています。かなり下のほうに設定されているので若干使いづらいですが、まあ、時代なんですかねぇ。

メーター VSはメーターも基本的にカスタム系と同じものを採用しておりメッキリングのついた2眼メータになります。特に意味はありませんが、タコメーターがついたことによってなぜかかっこよく見えますね(笑)。昼間はクラシカルなホワイトメーターで視認性が良く、夜間は黒地にオレンジのグラデーションのメーターでモダンな感じになります。次期型はひょっとすると自発光メーターになるかもしれませんが、現在のもので特に不満はありません。少々気になったのは、水温計が警告ランプしかないところでしょうか。警告ランプがついたときは手遅れということになりますから、このあたりはできればアナログで残しておいてほしいですね。あと、燃料計は、できれば置き針式にしておいてほしかったなぁ〜なんて思いました。

ルームランプ 左右のマップランプを組み込んだ一体型のルームランプは、当初ムーヴを象徴する贅沢装備でしたが、最近は当たり前になりつつありますね。ただ、きれいにビルトインされていて、レンズ部がスイッチとなっているなどとてもすっきりしたいいデザインではないかと思います。実は普通車でも意外とマップランプを込みにしたルームランプは少なかったりしますから、ちょっぴり自慢できますね。写真はオプションで“防眩ルームミラー”を装着しています。前にクルマが走っているのに後ろからハイビームで走ってくる変な人は論外として、小さく波打つ道路で後ろから車が来たとき、ちかちかしてさながらパッシングされているかのような不快感があったりますので、これは次期型ではぜひとも標準装備にしておいてほしいですね。

パーソナルランプ そして、これが後席のパーソナルランプと呼ばれるもので、後席左右に装備されています。夜間、後席真ん中のルームランプを点灯するとまぶしくて後ろがみえなくなったりしますけど、これならそれぞれの手元だけを照らすことが出来てとても便利です。L150系ムーヴはご存知の通り照明類に凝っていて、このほか全席のスイッチ照明やインパネの各スイッチ類にもすべて照明が点灯します。ラゲッジルームにもパーソナルランプと同様の照明が装備されています。軽自動車でここまでこだわっているのは今でも珍しいですね。また、アシストグリップも可倒式なので、天井の見栄えがすっきりしています。

マニュアルエアコン 写真がちょっと手ぶれててすみません。VSにはノーマルのマニュアルエアコンが標準装備されています。また、エアコンのスイッチはダイヤル式を採用しています。RSなど上級グレードのオートエアコンに比べると質感はやや劣りますが操作性はとても良いです。エアコンの音も、軽自動車にしてはけっこう抑えられていて、レベル3までならそれほど気になりません。ここでも軽くあしらったウッド調パネルが”なんちゃって高級車”を主張しています。また、エアコンの噴出し口のつまみがメッキ処理されていて、そこはかとなくオサレな雰囲気になっていますね。

フロントドアトリム ドアトリムのデザインは全車共通で、普通の標準系は黒とブルーのツートンカラーになりますが、VSはこのようにカスタムと共通のブラック単色になります。デザインはとてもすっきりしていてスピーカーもきれいにビルドインされています。ただ、最近の自動車全般にいえますが、ドアポケットの深さが浅くなっています。長さは標準的な感じです。インナードアハンドルは前後席ともにメッキ処理されていて、そこはかとなくオサレになっていますね。この車の室内幅は軽でトップレベルの1310mmという数値を確保しています。いまでこそホンダのゼスト(1315mm)には抜かれたものの、2人しか並ばない軽自動車の場合、これ以上の幅には特に意味がありません。それでもご覧の通りドアトリムはとても立体感がありますし、当然、側面衝突試験にもパスしています。もう少し布地の部分を大きめにとったらもっとよかったのではないかと思います。

リアドアトリム リアドアのトリムもカスタム系と同じブラックの単色でとてもすっきりしています。リアドアも厚みの割にはうまく立体感を出したデザインになっていますね。ドアアームレストにはパワーウインドウのスイッチ、カップホルダーとドアポケットが備えられていてリアスピーカーも埋め込まれています。ドアポケットは通常でもかなり苦しい位置にあり、カップホルダーは後席を前にスライドさせると使えません。実用上問題となることは少ないのですが、これは次期型ではぜひ改善していただきたいところですね。スピーカーはびっくりするほどではありませんが、私の場合特にオーディオマニアというわけでもありませんから、標準装備のスピーカーとして特に不満はないレベルです。不思議なことにリアドアの方がトリムの布張り面積が大きくぷちゴージャスになっています。

その他の写真
インパネ左から
インパネ左から
インパネ右から
ウッド調パネルなし

 次はシートと荷室です。


戻るトップ次へ


Homeムーヴ CUSTOM RS HYPER SAIIIムーヴ CUSTOM X SAムーヴ VSパイザー CXアトレークルーズ
SEAWorks Network!

Copyright © SEAWorks Network! from City Kashiwazaki Niigata Japan.